平成20年7月27日 L伊吹山 1377m

年度別


登山前に泉神社湧水を汲みに行く。

 猛暑が続くが天候は不安定で、近畿北部から北陸地方が午後からの雷雨確立が高い。
山の選択に悩む。先週の八ヶ岳の涼しさを思い出すと低山は暑いし、登りたい山もない。暑い自宅にいてもくつろげないし。
さて如何しようかと悩んだ末に、伊吹山のお花畑に行くことにした。早朝から登れば涼しく、雷雨も大丈夫だろう。

 伊吹山のお花畑(夏季)も7回目になったので、花の撮影を控えめにして登ることにする。

5:00三合目〓7:05伊吹山頂上〓4時間半・山頂を散策と食事と昼寝〓11:40九合目〓12:55三合目


三合目より伊吹山

三合目からの琵琶湖

五合目で休憩

鈴鹿の山々と琵琶湖

六合目からは下山者が多くなる。
ご来光は見られなかったらしい。

七合目を過ぎるとガスの中に

九合目からはお花畑

山頂ではハイカーは疎らだった。

東ルートを散策する。


シモツケソウ

一等三角点

食事の時は、もう一組の夫婦だけだったのに。

イブキジャコウソウ

 静かな山頂だった。東ルートを散策後に食事をする。
静けさと涼しさに(23度)に下山するのも勿体無いので、岩場で昼寝をする。
気持ちよく2時間ほど寝ると、直ぐ近くで話し声がする。
「寝ている傍でうるさいな!」と起きると凄い人出になっており、食事場所の確保も難しくなっていた。
おまけに、山頂だけガスがなくなって、暑くて寝られなくなる。

西ルートを散策してから下山することにする。


シモツケ

ハクサンフウロ

イブキフウロ

キオン

メタカラコウ

キンバイソウ
下山。
 ガスが切れると暑い。これから登る多くのハイカーとすれ違うが、雷の音がするようになり、敦賀方面には黒い雲があるので心配だ。
私等は無事に下山できたが、帰宅中の米原では突風と大粒の雨が一時降る。伊吹山は黒い雲に覆われて見えなくなっていた。

 初めて観る花はありませんでした。
花名は省略しましたので、昨年のレポを参考にしてください。

トップ